2017年04月/ 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010年04月06日(火)

フェイスの作り方

私的フェイスの描き方。
セリナはこんな風にやってるよ!っていうものですが何かの参考になれば(ノ∀`)

例にもよってやっぱり講座用に作ったわけじゃないのでレイヤーの非表示に頼ってます←



モデルは最近顔を整形ゲフンゲフン、作り直したちえりさんでいきましょか。

kao.jpg


試用ソフト:フォトショCS3

【More・・・】


まず最初に話しておくことがあります。
実は…うちの子はサリュまでは左右反転で顔作ってました。ほら、私基本めんどくさがりな子だから…←
左右反転で顔作ったことある人なら分かるかと思いますが…何か違和感感じますよね?反転で綺麗になるはずだと思ったのに何かがおかしいと。
なぜおかしく感じるかはおぼろさんの講座を読んでスッキリ解決しました。
それからは肌以外は面倒でもきちんと描くようにしてます。あ、2Dでは左右反転とか使ってないですよ勿論w(ノ∀`)
反転するなとは言いませんが左右非対称で描くとより良い顔になるかもしれませんよという話ですた。

ちなみにちえりの最初の顔は昔書いた絵の目をぶっこぬいて作ったものです\(^o^)/
最初は納得いかなかった顔だったけどずっと見てるとだんだん慣れてくる不思議…おそろしい。



では参りませう。
作りたいキャラの顔のイメージが決まっている状態で話を進めていきます。

◆フェイスのステータス数値を決める。
描き始める前にやっておきます。
まずフェイスの編集から「目の位置・目の間隔・目の角度」を分かりやすい数値にしておきます。
初期設定は全て40になっていますが、アゴ素体でいきなり顎100になっちゃうPTCのことですからいつ変更されるか分かりません← 
私は分かりやすいように中間の50にしています。
これを極端に100とかに設定すると、描いたテクスチャの修正が大変になります。貼り付けたら別物になるので。
後の数値は好きなようにいじって下さい。



◆エディタの3D画面で下書きをします。
目、眉、鼻、口があればいいです。
黒でも赤でも好きな色1色でゴリゴリ描いていきます。形が分かればいいので適当で。
これは下書きなので目とか眉は片方書いて左右反転でもOK。

絵が描けない!という人は公式のパーツを使用します。
3D画面の状態でパーツを貼りつけて拡大したりペン入れたりと形を整えます。


↓は前のフェイスの眼だけ消して新しく下書きしたもの。(なので色ついてます)

kao1.jpg

あとこのちえりさん、フェイスの数値修正するの忘れててそのまま編集しちゃったので展開図とかなり目の大きさが違います(ノД`)こんなはずではっ



◆本描き
下書きができたらテクスチャをエクスポートしてお絵かきソフトで開きます。
フェイスの展開図(ワイヤーフレーム)は一番上のレイヤーにのっけておきます。

レイヤーの置き方ですが、私の場合はこんな感じにまとめてあります。

kaorei.jpg

kaoフォルダには目のパーツが入ってます。1が前のフェイスで2が今の新しいフェイスです。口フォルダには口だけ。
フォトショのようにレイヤーをフォルダ分けができるソフトなら、しておくと差分フェイスを整理する時に便利です。

ちえりの場合ちょっと作り方間違えちゃったので見えておりませんが、一番下に肌色のベースと、顔の影のレイヤーが来ます。
基本的に顔の影などは全部一緒にして使うので。

あと目、鼻、眉は全て別レイヤーで描きます。
差分フェイス作らないよっていう人は全部まとめてもOK。

うちの目のレイヤーは上から線画・目の色・白目の順で並んでます。
公式にあるような眼の位置を動かせるカメラ目線の方法(描き方)は以前やってたんですが使い道がほとんどない上に修正がかなり困難だったのでやめました\(^o^)/ので2Dと同じように描いてます。


レイヤーの置き方を決めたら、下書きに沿って線画を作成していきます。
↑のカメラ目線の方法でやりたい人は、レイヤーが線画・肌・目の色・白目の順になるかと思うので
線画と目の色だけまず本描きしておきます。白目は描きません。

kao2.jpg

一気に描いちゃうと修正が大変なので大体の形が取れたら保存して、エディタの2D展開図の方に貼り付けて見ます。
大幅な修正が見られる場合はエディタに書き込んでエクスポート→お絵かきソフトで修正をしていきますが
ちょっとした修正ならエディタの展開図みながらお絵かきソフトの方で直接手を加えます。
まあでもエディタで下書きしたのを元に作成するわけですから、そこまで大幅な修正はないと思います…


あ、上の画像はレイヤ非表示にし忘れて肌色書き込んだ状態になってます。(ノД`);
ついでなので書いちゃいますが、顔がのっぺりしてて立体感が出ないと思ったら顔の上から中央にかけてちょっとグラデーションで影をいれると少し見栄えがよくなるかも。
私はリアルな影の描写ができないので最近これを知って使うようになりました(`・ω・´)



◆形のバランスが取れたらひたすら描きこむ
ここからがフェイスの楽しい作業\(^o^)/
バランスがとれればこっちのモンだぜ!ということで目の中とかひたすら塗っていきます。
カメラ目線の方法の人は、肌のレイヤーで目の部分にあたるところを消して、肌の下に目の色と白目を描いていきます。
(目の色のレイヤーは↑の方で描いたかと思うのでレイヤーをそのまま肌のレイヤーの下に移動すればOK)

目の塗り方なんかはその辺探せば転がってるんで省きます。2Dと一緒なので。



kao4.jpg

塗り込んでみた状態がこれ。
眉毛は1本の線で描くより、毛っぽく斜めに描いていくのがお勧め。
ちょっと太めに1本の線で描いて、消しゴムで削っていけばOK。足りないところは細いペンで描き足す。
こうすることで眉毛の主張をちょっと和らげます。後で色変えますが、ヘアーの色を選ばなくする効果があります。


んで、この黒い線画のままだと顔になじまないので色をつけます。
私はクリッピングマスクを使って色をつけていますが、もしこれがない場合は透明部分をロックして色を載せるか線画自体を色のついたペンで描くことになるかと。

kao3.jpg

色を変えた状態がこれ。だいぶ肌になじんでると思います。
Aは↑で言った眉。茶色系で塗っておくとほとんどヘアーの色を選びません。薄すぎず濃すぎずの色をおいてみるといいかな。
球体間接系のドールの顔とかがこんな感じの眉でヘアーの色を選ばないので参考にするといいかもしれません。
目の先端(B)には肌色より少し濃いめの色をおきます。エアブラシなどのぼかしのきいたものでふんわりつけます。


ss_2010_04_06_20_13_07.jpg

目の色が薄いキャラの場合は目の線画も黒じゃなくてその色に合った色をおくとなじみやすいです。
うちの菜津未は薄い水色の目なので線画は紺にしてます。


◆気が済むまで塗りこんだらエディタで貼り付けて最終確認
貼りつけて見てちょっと釣り目にしたいとか思ったら、フェイスの編集で目の角度などををいじります。
ここで初めて目の数値を編集するのです。

できればここは編集せずに一発でいきたいところですがちょっとぐらいなら良いかなと。
なぜ目の数値の編集をしないかというと、ただ単に覚えやすいから←
出品してしまったら数値は見れないので差分フェイスを作る時に覚えてないと困ります(´・ω・`)
なのでこれは最終手段にとっています。


フェイスのメインとなる顔の描き方は以上です。
顔の肌は…大体これぐらいの影がついてれば大体合ってると思います…←
よろしければこちらの下地を練習台に、自作フェイスを作ったことがない方は挑戦してみてくださいませw

鼻はキャラがデフォルメかリアルかで違ってくると思いますが、とりあえず影の部分に色をちょっと置いてあげれば何とかなるはず←
あとは他の人のフェイスをガン見して自分で描いてみると勉強になる。コピペはだめ、ぜったい。

顔の影は最低限でも鼻の下、眉の下、首、がついてればそれらしく見えると思います。



以上、私的フェイスの描き方でした(´゚ω゚)

テーマ : パーティーキャッスル - ジャンル : オンラインゲーム

20:40  |  メイキング  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ptcnekoya.blog93.fc2.com/tb.php/84-895e9573
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。